不動産売却益と税金

不動産売却にかかる税金

増税前に不動産の売却を

不動産の売却は、増税前のほうが、負担が少なくていい。普段持ち慣れたものへの愛着心は、もうどこかへ消えてしまった。増税があれば、できる話もできなくなってしまう。自分ができることはお金を作ることだが、先のことを考えると、渋い顔をするしかないのか。昔は不動産バブルとかで、売ったり買ったり忙しい時代もあったようだが、お客に「消費税が問題だ」と苦情を言われる時代になった。金利が上がった時代もあるが、期待しているうちに年は過ぎてしまう。考えてみると、物の値段も下がってきたので、「安くなると喜ばれるんですよ」という笑顔を、この年でも忘れないでいる。

不動産を売却した場合、消費税が課税される場合があります。マンションの場合は、居住用と事業用によって扱いが違います。居住用の場合には、譲渡をしても非課税になっています。課税用資産を譲渡した場合には、通常は課税されますが、居住用つまり住居の用に供している譲渡にについては税金は課されないようになっています。マンションは、通常住居用ですが、事業として事務所として活用する場合もあるので、事務所の場合に、譲渡すれば課税されるのです。この他、不動産では事業の倉庫や店舗などの譲渡をした場合も同様に課税されることになります。

© Copyright 不動産売却と仲介業者. All rights reserved.