不動産の相場を調べる

不動産の複数査定をする

所有不動産の適正価格を知る

自身の所有する不動産を売却する場合、1円でも高く売りたいと誰もが思います。反対に家を買いたい人はより安くよりいいものを求めています。人気のエリアであれば多少条件が悪くても高値での取引が期待出来ますし、過疎地などでは駅前新築でもあんまり期待はできません。当たり前の話ですが、売り手と買い手の合意があってこそ売買が成立します。世間の相場とかけ離れた値付けでは売れるものも売れなくなりますので、仲介業者に査定を依頼して、妥当な値段での売却を心掛けましょう。可能であれば複数の見積もりをとると、よりその不動産に対しての適正価格がはっきりするのでおすすめです。

所有している不動産の売却前にある程度の販売額を調べるには、サイト上で無料見積もりを行うのもいいのではないでしょうか。ただこちらはあくまでも一般的で大まかな評価額でしかありませんので、正確な見積を行うとこの金額と大きく開きが生じることもあります。あくまでもひとつの目安程度にしましょう。実店舗でも費用がかからないなら複数の業者で見積もりをしてもらって、希望額にちかいところと契約するのがいいかとおもいます。ここで気をつけたいのが、不動産の売買成立時に取られる仲介手数料の存在です。どれだけ高く売れても、この手数料が高ければその分だけ純利益が目減りするからです。

© Copyright 不動産売却と仲介業者. All rights reserved.